• ホーム
  • ゾビラックスを服用した後にでる可能性がある副作用はどんな感じなのか

ゾビラックスを服用した後にでる可能性がある副作用はどんな感じなのか

2020年02月25日
薬を持っている様子

ヘルペス等の症状をゾビラックスで治療するのであれば、あらかじめ副作用についての情報を知っておく事が大切だと言えます。これをしっかり把握しておかなければ、突然予期せぬ症状が起こって混乱してしまう可能性があるので、どのような副作用のリスクがあるのか確認しておきましょう。病院で処方してもらうのであれば医師や薬剤師から説明を受ける事ができるかもしれませんが、飲み方についての指導はあっても副作用まできちんと説明される事は少ないです。説明してくれる場合でも頻発しやすい内容だけをピックアップして説明する事がほとんどなので、あらゆる可能性を知っておく為にも、自分で治療薬について学ぶ姿勢を持っておく事が大切だと言えます。

ゾビラックスを服用した時には下痢や軟便、吐き気等の胃腸症状が起きる事が多いですが、これらの症状はどれも比較的軽度なものだと言えるでしょう。重い副作用があらわれた時には医療機関を受診して治療してもらわなければなりませんが、軽い胃腸症状の場合は安静にして様子を見るという対処で良いです。特にもともと胃腸や消化器官が弱い人はこの症状を引き起こしやすいので、服用を開始する前に胃腸症状が起こるかもしれない事を理解しておきましょう。

眠気やめまいの症状もゾビラックスを飲んだ時の副作用に含まれているので、普段車の運転をする機会が多い人は危険だと言えます。車以外にも仕事で重機の操作をする人等は、突然めまいや眠気が起こって事故を起こしてしまう可能性があるので、ゾビラックスを服用する時は気をつけておかなければなりません。常に集中が必要な作業をする事があるのであれば、ゾビラックスの副作用が起こった時の事を考えて、服用すべきでは無いと言えます。

ゾビラックスは重い症状を引き起こす事が少ない治療薬だとされていますが、稀に急性腎不全やアナフィラキシーショック、意識障害等を引き起こす事が報告されています。服用する事で必ずしも起こる症状ではありませんが、過去に報告されているという現実があるので、もしかしたら重い症状を引き起こす可能性があるという事を頭の片隅に置いておく事が大切です。ゾビラックスを服用する時は胃腸症状やめまい、眠気等に注意しておく必要があるので、胃腸が弱い人や運転をする機会が多い人は特に注意してください。発症例は少ないですが、重篤な症状を引き起こす可能性も理解し、いざという時は適切な行動を起こす事ができるようにしておきましょう。