• ホーム
  • 口唇ヘルペスを治療した後に再発してしまうリスクと対処方法はあるのか

口唇ヘルペスを治療した後に再発してしまうリスクと対処方法はあるのか

2020年04月16日

口唇ヘルペスの治療が終わったからといって、もうつらい症状に苦しむ事がなくなると安心してはいけません。たとえ症状を抑える事ができたとしても、ヘルペスウイルスを体内から完全に排除する事は不可能なので、些細なきっかけで簡単に再発してしまう可能性があります。1度でも口唇ヘルペスに感染した経験がある場合は、再発してしまうリスクと対処方法について学んでおく必要があるでしょう。これを知らなければ何度も症状を繰り返して苦しむ事になるので、再び症状が起こるリスクを知り未然に防ぐ方法について理解を深めるようにしてください。

ヘルペスウイルスは症状が改善されていても体内の神経節に潜伏しているので、免疫力や抵抗力が落ちた時に活動や増殖を再開するという特徴があります。もう症状が起こる事がなさそうに感じても、体調不良等が原因で再び症状が起こってしまう事があるので、再発を起こさぬように対処方法を知っておく事が大切です。口唇ヘルペスが再発しそうな時は、その部分がむずむずとかゆくなったりピリピリとした痛みを感じたりするようになります。これが再び症状があらわれる前の兆候なので、こういった変化に気がついた時には症状が起こる前に治療薬を服用するようにしてください。

兆候があらわれた段階で抗ウイルス薬を服用すれば、ひどい症状を引き起こす前にヘルペスウイルスの活動を抑制する事ができます。症状がしっかりあらわれてから治療薬を服用したのでは治るまでに少し長い時間が必要となりますが、予防的に服用する事で完全に症状があらわれる前に対処する事ができるというわけです。再び口唇ヘルペスが発症しそうな時には、なるべく早く治療薬が服用できるように常備薬を用意しておく事も必要だと言えます。

口唇ヘルペスは体調不良やホルモンバランスの乱れ、疲れやストレスの蓄積等、あらゆる事の影響を受けて再発するので普段から生活に気をつけておかなければなりません。日頃から免疫力や抵抗力をアップさせるような生活を意識する事でも再発のリスクを低下できるので、食生活や運動習慣の見直しを行って生活を改めるようにしてください。仕事の忙しさが原因でストレスや疲れが溜まりすぎている人も多いので、毎日しっかりと休む事もヘルペスを再発させぬ為には大切です。口唇ヘルペスはとても再発しやすい病気である事を理解し、症状があらわれそうな時は早めに対処する事ができるようにしておきましょう。