• ホーム
  • 性器ヘルペスが発症してしまう事が無いように予防する方法とは

性器ヘルペスが発症してしまう事が無いように予防する方法とは

2020年05月03日

性器ヘルペスを発症すると、陰部や性器にかゆみや痛みが起こり、日常生活を送る上でも大変な思いをする事が増えてしまいます。この病気になってしまうと歩いたりトイレに行ったりする時にも大変な思いをするようになるので、毎日痛みと闘わなければなりません。厄介な性器ヘルペスによって苦しむ事を避ける為にも、感染や発症、再発等を防ぐ為の予防方法を理解しておく事が大切だと言えます。

最も大切な事は性器ヘルペスの感染を未然に防ぐ事ですが、性行為での感染を防ぐ為にはコンドームを活用しましょう。コンドームを活用すれば性器や粘膜、傷口等が直接触れ合う事を阻止できるので、ヘルペスウイルスに感染せずに済むはずです。女性が避妊薬を飲んでいる時や男性同士で性行為を行う時は避妊具が不要だと思いがちですが、性器ヘルペス等の病気を予防する為にもしっかり装着する事が大切だと言えます。感染者と性行為を避ける事が望ましいですが、性行為を行うのであればコンドームを忘れずに着用してください。

タオルや下着等、患部が直接触れてしまうものでも感染を引き起こす事があるので、これらを共用してはいけません。パートナーや家族等一緒に生活する相手の場合はタオルや下着を共用してしまう事があるかもしれませんが、これは感染経路になる可能性がある行為なので避けるようにしてください。性器ヘルペスを予防する為にも、感染者とはタオルや衣類を共用してはいけないという事を覚えておきましょう。

感染経路別に予防する事も大切ですが、身体の免疫力や抵抗力を高めて病気になりにくい身体を作る事も大切です。他の病気でも当てはまる事ですが、抵抗力や免疫力が低い時は簡単に病気になってしまいます。普段から病気になりにくくする為に食生活に気を遣ったり、定期的に運動を行ったりする事が必要となるでしょう。疲労やストレスを蓄積させずにこまめに解消する、他の病気に感染した時は早急に治療するという事も免疫力等を高める為に重要です。

性器ヘルペスを発症すると痛みやかゆみで大変な思いをする事になりますし、場合によっては日常生活に支障をきたす可能性もあるので注意しておかなければなりません。この病気を予防する方法はたくさんあるので、感染を防いだり感染しにくい身体を作ったりする事で対処してください。過去に感染して再発を防ぎたいと考えている場合は、これらの予防法と一緒に治療薬を併用すると効果的に予防する事ができます。