カプセルが乗っているスプーンと薬を持っている様子
薬を飲む男性と黄色のカプセル
薬を飲む男性と錠剤
病原体

ヘルペスを治す為にゾビラックスは非常に有効な治療薬だと言われていますが、服用するのであれば服用方法について理解を深めておく必要があります。一般的にヘルペスと呼ばれている単純疱疹を発症した時は1日に5回ゾビラックスを服用しなければなりませんが、投与するタイミングで効果に違いがあるのか知っておく事も大切です。効果的にゾビラックスを服用する為にも、服用についての正しい知識が持てるように学んでおくようにしてください。

単純疱疹を治す為には1回当たりに有効成分が200mg摂取できるように治療薬を摂取し、これを1日5回行わなければなりません。内服薬の多くは1日2回や3回の摂取のものが多く、この場合は朝食後と夕食後や毎食後に飲めば良いので服用タイミングが分かりやすいです。けれども、ゾビラックスは1日に5回服用する必要があるので、どのタイミングで服用すれば良いのか迷ってしまう人も多いと言えます。具体的な服用間隔としては朝食後と昼食後、夕方と夕食後、そして就寝前に服用する事が推奨されているので、これを守って服用すると良いでしょう。

1日に5回服用するとなると、仕事の関係などでなかなか決まった時間に飲む事が不可能だという人もいるはずです。そのような場合にゾビラックスを服用するタイミングが変わってしまうと効果にも違いがあるのでしょうか。結論から言いますと、服用するタイミングが変わると効果的に治療する事ができなかったり副作用が起こりやすくなったりするので、推奨されている通りの時間に服用するべきだと言えます。

ゾビラックスの服用タイミングが早くなってしまうと副作用を起こす可能性が高まってしまいますし、反対にタイミングが遅くなると効果的に治療薬が作用しにくいという可能性が高いです。ヘルペスはウイルス性の病気ですが、服用間隔が長くなって薬効が継続しなければ、その間にウイルスの活動が活性化されてしまう可能性があります。せっかく治療していても、服用タイミングが悪い事で治療を進めにくくなる場合があるので注意してください。

1日に5回服用するのであればいつ飲んでも同じだと思う人もいるかもしれませんが、飲むタイミングを間違ってしまうと治療効果に違いがでる事になります。副作用を起こさずに効果的に治療していきたいと考えるのであれば、服用するタイミングは推奨されているものを守ってゾビラックスを飲むようにしてください。正しい飲み方を行えば、ゾビラックスの効果を最大限に発揮してヘルペスの治療を行う事ができます。